ChineseEnglishお電話でのお問い合わせ
  • トップページ
  • 自動温度監視記録
  • デマンド電力監視システム
  • ラジオCM
  • 省エネ・節電
  • 無料点検・相談
  • 冷凍機ドットコム
自動温度監視記録
デマンド電力監視システム
省エネ・節電
無料点検・相談
冷凍機ドットコム
ラジオCM

Home> 安心サポート> 冷凍冷蔵システム各機器

メンテメモ:冷凍冷蔵システム各機器のご案内


  1年365日、24時間稼動している冷凍冷蔵システムは、設置後の保守が必要となります。 弊社も設置後のアフターケアの一環として保守契約を推奨しております。 以下に簡単な冷凍冷蔵設備の保守ポイントを記載しますので日常保守の参考としてくだされば幸いです。

ユニットクーラー(パナソニック)

※1 電子サーモスタット


※2 霜取タイマー
1. フィンコイルの汚れ
裏側より汚れを見ます。埃がついている場合は、薬品洗浄をお勧めいたします。庫内のにおいの原因となり、食品衛生上よくありません。
2. ドレン排水チェック
通電・通水を見ます。ドレン配管が凍っていると庫内にドレン水が落ちます。
3. ドレン板チェック
ドレン板が変形していないかを見ます。変形具合により交換が必要になります。
* 電子サーモスタット(※1)
庫内温度をチェックします。1日、数回の霜取時は、庫内温度が上昇しますが、故障ではありません。所定温度にならない場合は、ユニットクーラーの霜付など、冷却システムの異常が考えられます。

4. 霜取状態
コイルの裏側を見ます。夏季にドアを開けっ放しにした場合、氷がつきやすくなります。手動で霜取り(※2)をかけてください。

空冷式屋外設置型スクロール冷凍機(三菱電機)

※3  オイルゲージ


※4  圧力計
1. コンデンサーの汚れ
通常でも1年に1回は薬品洗浄をお勧めします。冷凍機の運転率の軽減になり電気代も安くなります。
2. 運転音の確認
一定の騒音があり適当に止まっていることが必要です。
3. オイルゲージの確認(※3)
グラス内にオイルが見えることを確認します。オイルが見えない場合は、危険信号です。
4. 圧力確認(※4)
冷媒ガス量・運転状態のチェックをします。ガス不足の場合は追加充填します。
5. サイドグラスの冷媒ガス
冷媒ガス量・水分含有量をチェックします。きれいな透明な状態であればOKです。
6. ドライヤーの確認
詰まり気味のときは、霜がつきます。

プレハブパネル(日軽パネルシステム・ソーゴ)
1. 庫内圧力調整弁
庫内側に雪氷が付きやすい部分です。定期的に雪を取ることをお勧めします。極端に付く場合は、ヒーターが切れている場合もあります。
2. ドアーヒーター
ドアー枠が冷たくなければOKです。ヒーターが切れているとドアーのパッキンがすぐ悪くなります。
3. ドアーラッチ
しっかり閉まるか確認します。簡単な緩みならドライバーで調整できます。バネが折れていれば 即交換です。(交換時期 1回/5年~10年)※安全押し棒もチェックしてください。
4. ドアーパッキン
切れていれば、パッキン交換の時期です。
5. ズリゴム
汚れて切れていないか。切れていると結露がひどくなります。